メールアドレス
ブラウザによっては登録・退会が受け付けられませんので、
下記アドレスまでお申し出お願いします。
登録・退会受付:maruguchi@agent-mm.com
@を@に書き換えてください。

もしくは、登録・退会専用のブログを作成しましたので、ご利用ください。
http://uscpamail.seesaa.net/


USCPA情報−世界で活躍するために

100回を区切りに従来のメルマガと同様に新たにメルマガをスタートすること
にしました。新しいメルマガでは従来のメルマガ以上に詳しい情報をお伝えし
たいと考えています。

2012年1月よりこのメルマガのみとさせていただきます。

ご質問やご意見等も直接お聞きできますので、
今まで以上にお役にたてるものとなると思います。
従来と同様に、アメリからのUSCPA情報や現地情報をお知らせすることもできます。

是非、新しいメルマガにご登録
をお願いします。ご希望の方は下記からご登録いただけます。

メールアドレス
ブラウザによっては登録・退会が受け付けられませんので、
下記アドレスまでお申し出お願いします。
登録・退会受付:maruguchi@agent-mm.com
@を@に書き換えてください。

もしくは、登録・退会専用のブログを作成しましたので、ご利用ください。
http://uscpamail.seesaa.net/


第1号
第2号
第3号
第4号
第5号
第6号
第7号
第8号
第9号
10号
11号
12号
13号
14号
15号
16号
17号
18号
19号
20号
21号
22号
23号
24号
25号
26号
27号
28号
29号
30号
31号
32号
33号
34号
35号
36号
37号
38号
39号
40号
41号
42号
43号
44号
45号
46号
47号
48号
49号
50号
51号
52号
53号
54号
55号
56号
57号
58号
59号
60号
61号
62号
63号
64号
65号
66号
67号
68号
69号
70号
71号
72号
73号
74号
75号
76号
77号
78号
79号
80号
81号
82号
83号
84号
85号
86号
87号
88号
89号
90号
91号
92号
93号
94号
95号
96号
97号
98号
99号
100号
101号
102号
103号
〜〜〜第1号〜〜〜『USCPA情報−世界で活躍するために』〜〜〜2010.9.10〜


本日がメルマガ"USCPA情報−世界で活躍するために"第一号です。従来の
メルマガも同様に配信をしていますが、毎回の情報紹介の内容をこの新しい
メルマガで詳しくご紹介をしていきたいと思います。
また、Office AmericaとRoger CPA Reviewの最新情報をお知らせします。
少し宣伝!と思われる方もあるとは思いますが、受講生はサービスをご利用
いただいている皆様へのご案内も兼ねたいと思いますので、よろしくお願いします。


"USCPA情報−世界で活躍するために"No.1
Today's Topics:
1.2011年試験:Written Communicationについて
2.Rogerのブログ: AICPA Meeting Update: 2011 CPA Exam Changes
3.Roger CPA/ Office America News
===================================

1.2011年試験:Written Communicationについて

前回ご紹介をしましたAICPAのサイトにアップされた2011年試験のTutorial
とSampleをご確認になりましたか?お忙しい皆さんですから、"試験が近く
なってから!"とお考えの方もおられるかもしれません。もちろんそれでも
十分間に合います。

Written Communicationに関しては、準備が必要ですから、サンプルが一問
だけありましたが、それは最後の練習に取っておくことも良いかもしれません。

本日配信となったRoger CPA Reviewの"CPA Exam News"をご覧になられ
ましたか?初めの項目が宣伝!ということもあって、最後までご覧で無い方も
おられるでしょう。また、受け取られていない方もあるかと思います。

News Letterの2番目の項目は興味のある内容と思いますので紹介をします。
BECではMCが85%、WC15%ですから、MCで75%を取るように頑張れば
合格!ですが、少しでもWCで得点を取ることに挑戦して下さい。出題される
3問何も書かない訳には行きません。せめて数点獲得できれば・・・と挑戦して下さい。

Add 10 Points to your CPA Exam Score by Acing Written Communication
*Written Communication についてヒントです。詳細はこちらにあります。

http://blog.rogercpareview.com/2010/07/study-tip-writing-good-written.htm

簡単にご紹介します。
1)Stick to standard business letter format: 
かつてのEssayと言われていたような論文作成では何です。
"ポイントを短く、要点をおさせて書く!"これが得点につながります。

2)Avoid bullet points and numbered lists: 
読みやすく整理しやすいことからついついリストで要点を
まとめることは無いですか?これはNO! WCでは避けましょう。

3)Remember that you don't have to be right, you just have to be on topic:
基本的にはコンピュータがチェックします。結果、正しい説明をしているかどうかは
重要ではありません。質問にあるTopicの中で作成が重要です。質問の文章を上手に
利用をして回答をします。

ビジネスレターで必要なポイントは:
1)Organization:ポイントを上手に短く伝えること
2)Development:意味や例を使って説明をすること
3)Expression:英語の文章で基本となるgrammar, punctuation, spelling and
word usageなどはもちろん基本となります。

文章を書く専門家を志望するのではなく、CPAとして評価される文章をかくことが
必要となります。といっても、いざ仕事で始めない限り、専門家の文章を目にする
機会がありません。特に、日本の皆さんは。ですから、ご自分の今お持ちの力を
十分に発揮できるようにしましょう。

案内: Roger発行のCPA Exam Newsにご登録をご希望の方は下記からどうぞ。

 http://www.rogercpareview.com/IntMailingList.cfm

定期的に配信されるニュースと同時に、不定期な配信も手に入ります。
試験制度の変更など真っ先に手に入ります。ご希望の方はご登録ください。


2.Rogerのブログ: AICPA Meeting Update: 2011 CPA Exam Changes

http://blog.rogercpareview.com/2010/09/aicpa-meeting-update-2011-cpa-exam.html

AICPAの会議から最新情報です。8月の会議では日本での試験開始に関して
新しい進展の報告は無かったようです。(アメリカでの会議ですから、関係者は
基本的には少ないわけですから、時間をかけて経過報告は無かったということのようです。)

1)早く成績返却のために色々と工夫:
adjustments to the spreadsheet functionality, research items, and calculator
などを工夫することで、成績を早く出せるようになり、できることなら4週間で結果を出す予定。

*現状は次のようになっています。10月に受験した方の結果は11月末から12
月初めにかけて出されます。州によって、また科目によって多少違いがありま
すが。ですから、1日に受験した方も30日に受験をした方も同様です。
検討をされているのは、1日-15日までに受験をした方は月末から翌月に、16
日―月末の受験の方は翌月に。そして、その結果を出すまでの日数を4週間と
するために色々と検討をされているところのようです。

<メリット>結果が早く出ることで、次のステップをタイミングよく決める
ことができます。次の科目を勉強するか?再試験のために勉強をするか?など。

2)BECのWritten Communicationの時間配分:AISPAから必要時間数を示す
ことはしない。ただし、試験時間が長くなることから10-15分が適切となるだろう。

3)2011年の新しい画面で練習:サンプルテストをアップしたので練習を。
こちらで入ることができます。

http://www.aicpa.org/BECOMEACPA/CPAEXAM/FORCANDIDATES/
TUTORIALANDSAMPLETEST/Pages/exam_tutorial_parallel.aspx

2011年1月・2月に試験を予定されている方は変更への対応に不安を感じて
いると思いますが、アメリカの受験生も同様です。12月にはどこの学校も準備
ができることと思います。連絡を取られることをお勧めします。それまでは、
お手尾元にある資料を十分に頭に入れることに専念して下さい。一ヶ月で
新たな情報を追加、訂正することになります。

Roger CPA Review/Office Americaとしても、独学の方や既に学校からのサポ
ートがえられない方へ何かお手伝いができたら・・・と考えています。10月に
なると具体的に案内させていただけると思います。

3.Office America便り:
2011年からWritten Communication がBECで重たく感じる方もおられます。
また、CPAの勉強を生かして仕事を始めるにも英語から縁を切ることはできま
せん。そのためには、ビジネスレターを正しく書くことを知っていることは
大変重要となります。

従来のWCに変わってオンラインのBusiness Writingコースを準備開始しま
した。カリフォルニアにあります州立大学San Jose State Universityと具体
的な話を開始しています。留学することなく、現地の先生から直接指導を受け
ることになります。ビジネスに精通した先生の指導を受けることができます。
詳細が決まりましたら、改めて案内・紹介をします。

本メルマガへのご意見ご希望をお待ちしています。

**お知らせ***
1. E-book 「USCPAに興味を持ったら、まずこの一冊」を改訂しました
ので近日中にご案内させていただけると思います。
http://agent-mm.com/uscpa-first/
勉強を開始すべきかどうか、或いは、学校の選択のため、Webで検索を
している方はこのPDFファイルもご参考にしていただけるとうれしいです。

2. Roger CPA Reviewのコースをお申し込みの方へ:
Rogerのコースをお申し込みになると、オフィスアメリカが用意いたしました
Rogerのコース勉強方法や受験手続について紹介した手引きが
教材と共に届きます。以前にお申し込みの方がございましたら、オフィ
スアメリカにご連絡いただくか、Rogerの方へご連絡ください。

*****************
オフィスアメリカ (Office America)
URL:  http://www.applycpa.com 
E-mail: officeamerica@applycpa.com
*****************