OfficeAmerica代表の 中川です。私はカリフォルニア州立大学サクラメント校で経営学部会計学科を専攻・卒業。カリフォルニア州厚生省に勤務をしました。その後、会計事務所での経験後に小さな税理・会計事務所をスタート。税理や経理の仕事に携わりました。

大原学園が現在展開しているUSCPA講座(Roger CPA Reviewとのプログラムや大原学園独自の単位発給による受験資格)をスタートさせ合格者を出してきました。退職した現在もUSCPA講座アドバイザーをしています。

また、USCPA受験手続には欠かせない米国学歴審査機関の一つでカリフォルニア州にあるERES(Educational Records Evaluation Service ) の日本窓口をしています。

米国学歴審査機関で日本窓口を持っているのはERESのみです。現在はアメリカの学校や審査機関と提携し、新しくUSCPA受験生サポートのプログラムを用意しています。詳しくは下記のホームページへどうぞ

      
オフィスアメリカのオフィシャルホームページ
         http://www.applycpa.com/ 


           
メルマガ USCPA(米国公認会計士)への道
          http://www.mag2.com/m/0000274148.html
                       中川真由美が執筆しています


このE-BOOK、「uscpa(米国公認会計士)に興味を持ったらまずこの1冊」はUSCPA資格取得したら転職や自分のキャリアアップに役立つことは理解できるが、では、どのようにしてuscpaの勉強をしたら良いのかまた、uscpa受験予備校または専門学校をどのように選んだら良いのかをuscpa(米国公認会計士)の専門家として執筆されています。このE-BOOK「uscpaに興味を持ったらまずこの1冊」にはメールフォロー付いていませんが、ご質問はメールでお受けいたします。ただし、ご質問の内容によりお答えできないこともあることをご承知ください。

     2010年9月の情報です
     
     IFRSに関してや2011年から日本で受験開始に関しても載せています




     主な内容
     





     USCPA受験の勉強方法は






     学校を選ぶ際に何を検討するか?




     USCPAに関しては、他の資格勉強と違い大きな選択肢があります。
     それは次の2点です。





このE-BOOK「uscpa(米国公認会計士)に興味を持ったらまずこの一冊」

大原簿記とTACは資格を取るためのプログラムとして、会計関連やいろいろな
資格試験のためのコースを・・・

大原簿記は大原学園として簿記・法律・医療等各種の分野を持つ専修学校と会計大学院を基盤にして、社会人向けに資格試験のためのプログラムを展開している学校法人。

TACは企業が経営する学校・・・

アビタスはuscpa(米国公認会計士)コースを提供するためにスタートした学校です。プロアクティブはuscpaにも力を入れている学校です。

このE-BOOK「uscpaに興味を持ったらまずこの1冊」にはメールフォロー付いていませんが、ご質問はメールでお受けいたします。ただし、ご質問の内容によりお答えできないこともあることをご承知ください。