英会話独学で翻訳家を考える



今は様々な翻訳ツールがあり、無料で使えるものもたくさんあります。
そんな現在で翻訳業が活躍している業界は?

私が真っ先に思い浮かぶのが、映画翻訳つまり台本の翻訳。
正直に訳せばいいとは限らない。
場面に応じて意訳もどんどんやって行かないとならない。

見ている人を引き付ける文章でないといけない。

外国語だけではなく、日本語にも深い理解が必要になってきます。
外国映画、たくさん日本にやってきます。
仕事はたくさんあると思いますが、一部の人間に偏ります。

なぜなら映画はエンターテイメントで興行収入を得ないといけないから。

では、どんな勉強をしていったら翻訳家として働けるのか?
まずは下記の技能認定試験の勉強をしてみてください。

翻訳技能認定試験があり、1級から5級
部門は、
A部門 - 文化、芸術、スポーツ
B部門 - 法律、政治、経済
C部門 - 工学、化学、科学
D部門 - 医学、薬学、バイオ

JTA 公認翻訳専門職(Certified Professional Translator)」の認定条件
1. 4科目全てに合格(2級以上取得)
2.2次審査(翻訳経験2年以上の実績審査)に合格

一般社団法人 日本翻訳協会
http://www.jta-net.or.jp/index.html


翻訳業としては、海外の本の翻訳。
ちょっと有名な話が「ハリーポッター」の翻訳。
イギリスで翻訳の競争相手がいて、さらにその翻訳企業をそこそこ大きい。
が、単身で著者に直撃し何と日本語の翻訳家として契約出来た。
経営がずぶの素人が直撃、大したものです。

外国の本を翻訳するということは、その本の内容を深く知らないといけない。
直訳するのではなく、また、意味だけを訳すわけではない。
多くの人に読んでもらわないといけない。
その目的を外さずにちゃんと訳さないといけない。


弁理士の仕事。
特許関連の仕事。
外国の特許の内容を調査しないといけない。
相当な英語力は必要となります。







翻訳関連の求人ならアメリア


英語翻訳には、翻訳ツールアプリを使うと便利ですよ!
英語に限らず、多言語を翻訳するときには、翻訳ツールアプリを使うと便利です。

受験勉強ときに役立つばかりか、海外を旅行するときにも、外国人とのスムーズな会話をするときにも役立ちます。

翻訳ツールアプリは、それぞれに特徴があり、その場で日本語から英語に自動翻訳してくれるので便利です。

アプリによっては、英語の音声をしゃべるアプリもあります。

海外旅行をするときに、しゃべる音声翻訳ツールをスマホにダウンロードしておくと良いです。

ある翻訳ツールの機能には、スマホ画面に映った日本語を英語に自動翻訳してくれるというリアルタイムに翻訳できるアプリもあリます。

受験勉強などでは、PCを利用する人も多いと思いますが、スマホでもPCでも日本語テキストを入力するだけで英語に自動翻訳してくれる翻訳ツールを使うと、勉強がはかどります。

ツールによっては、その単語を使った例文が表示されるものもあり、英単語や英文を覚えるスピードも速まります。



前は英会話カフェは英語習得にいいのか

このサイトのトップページに戻る