スペイン語 入門 松平勝男

スペイン語入門2ヶ月でマスターする松平勝男先生の教材



スペイン語は一人称、二人称、三人称があり、それぞれ単数と複数がある。
また、女性名詞、男性名詞、中性名詞がある。
主語が変わることで、動詞や形容詞の語尾が変化して行く。
まったく単語自体が変わる場合もある。

また、過去、現在、未来の時をあらわすときも上記の要領で変化していく。

スペイン語、難しいと言わざるを得ない。
が、ひとつだけ日本人になじみのあることがある。
スペイン語の発音がほとんどローマ字読みで良いのです。
もちろん違うところもありますが、スペイン語の発音で悩むことは無いと思います。

スペイン語は英語ができると良いことがあります。
スペイン語入門では単語を覚えるのに苦労すると思いますが
上級偏になると、あ、これ聞いたことがあるという単語に遭遇すると思います。

英語とスペイン語はもともと同じ言語なので、難しい単語は前と後のつづりが違うだけで
真ん中が同じなのがたくさんあることに気づくと思います。

上記は通常スペイン語を習う道順ですが、
驚いた頃に、スペイン語入門者でもたった2ヶ月でスペイン語ができるようになる。
そんなマニュアルを完成された方がいらっしゃいます。

東大法学部卒の松平勝男先生。

スペイン語脳にまずなり、スペイン語の単語を覚えて行き、
たった2ヶ月でスペイン語ができるようになって行く。

赤ちゃんが大きくなるに連れて日本人なら日本語をしゃべれるようになる。
そこに大きなヒントがある。

スペイン語を簡単に短期間でできるようになりたい人は
松平勝男先生の公式ホームページでご確認下さい。
そしてすぐに行動してください。

迷って行動しないと一生スペイン語ができないでしょう。