英語 上達


英語上達は実は?

英語上達は英語脳をつくる事から。

1.ネイティブ発音を身に着ける
2.語彙や熟語を増やしながらヒアリング力もつける
3.英語の文章を読み続ける



1.ネイティブ発音を身に着ける
英語脳を作るには、「ネイティブ発音を身に着ける事」が大切です。
発音が身につかないとネイティブの会話聞き取れないですから。
ネイティブの会話が聞き取れて初めてスタートラインに着けると。

あなたもR発音やTH発音等ご存知だと思いますが、
全ての母音や子音の発音は日本語のひらがな発音とかなりかけ離れています。
英語の発音はまるで口の中の舌の運動なんです。

私も改めて勉強した英語発音
フォニックス発音と言います。
この方法は、アメリカやカナダの小学校で使われているものです。

以前は、ネイティブトークという発音教材が売られていたのですが
残念ながら、現在では発売されていません。

ネイティブ発音だけではなく、ネイティブのしゃべるスピードにもついていけなくてはいけません。
それには、何度も何度もネイティブの話をシャドーイングするしかありません。

無料で使えるストーリーラインオンライン
これは、ネイティブの俳優が童話を読み聞かせしてくれるのです。
そして字幕付きなのです。

私はそこで読み聞かせしていた童話を購入して事があります。








2.語彙や熟語を増やしながらヒアリング力もつける

英語を流暢にしゃべりたいけど、何から始めたらいいのかわからない。
そんな人多いと思います。

最初にあなたがすることは、「中学英語の文法を完全にマスターすること」

英語文法苦手だなあと、嘆いているあなた!

でも、考えてみてください。
英語文法が身についていないと、
決して、英語をしゃべることができなのです。
英語文法を無視した英会話は、
ネイティブに通じないからです。

英語文法を身に着けてしゃべれるようにする。

英語文法の話。

英語で最も大切ことは、動詞。

動詞には2種類あり、be動詞と一般動詞があります。

be動詞は、私は何々です。 私=何々

一般動詞は自動詞と他動詞

これらは、一般動詞の持つ特徴を理解すると使えるようになります。
toがいるのか、いらないのか?


五文型
これらも一旦身に着けると、使えますし、
使えば使うほど、英語が流暢になること間違いありません。


時制を理解する
過去・現在・未来

進行形

完了形

物事がいつ始まり、いつ終わるのか
これらのニュアンスを理解することで
さらに英語が流暢になります。



5W1H
一般文章を5W1Hに置き換えて質問をすること。
慣れるしかありません。
慣れるには、一般文章を作成し、それらを疑問文にして
声に出して言うこと。



前置詞
私は、この前置詞の概念を理解することが最も大切だと考えます。

at,on,in,fromkfor,to,by,with,of

I go swimming ( ) the sea.
何が入りますか?

それぞれの前置詞のイメージを理解することで
ますます英語を流暢にしゃべることができるようになります。


名詞、不定冠詞、冠詞、動名詞、不定詞、助動詞
これらも日本語と違った特徴があり、しっかりと理解しましょう。


比較級、最上級
これらは、例文をもとに何度も練習することで身につくでしょう。




上記はすべて下記の教材で童画を使って丁寧に説明しています。





hiro式・オンライン英会話スクールの公式サイトはこちら





3.英語の文章を読み続ける
英語の文章を読み続けるには、英字新聞を取ったり本を買ったりと色々ありますが、
お近くの図書館へ行かれるのがいいと考えます。
英字新聞はもちろん置いていますし、そのほかの原書や対訳付きの本まであります。
新聞や本気にいったら購入したらいいと思います。




このサイトのトップへ

 

サイトマップ